HOME>ホットトピックス>ボロボロになったら新品同様に生まれ変わらせてもらおう

目次

ボロボロでも新品同様になるかも

擦り切れてしまったり黄色く変色してしまったり、ボロボロになった畳は処分して、新しいものと入れ替えなければいけないと思い込んでいる状況もあるでしょう。しかし、畳は見た目がボロボロになって、もう使えないと感じられても中身は傷んでいない可能性があります。中身が大丈夫な場合は、表面の部分を交換すればよいだけなので、お得に新品同様の畳を手に入れられます。もちろん、道具もなく素材もない状態で、自分で作業を行うのは無理なため、畳屋さんに頼んで張り替えてもらう必要があるでしょう。

移動系のサービスが多いところを選ぼう

畳を張り替えてもらうためのお店を選ぶときに、一番気をつけなければいけないのは、張り替え以外のサービスが充実しているかです。例えば、畳をお店まで持っていくのはかなり重労働なので、自宅まできてくれるサービスが用意されていたほうがよいです。また、畳のうえにテーブルやクローゼットを設置しているなら、それらを移動させた上で畳を持っていってくれるサービスがあると便利でしょう。畳はサイズが大きいですし、何枚も同時に張り替えてもらうことが多いでしょうから、移動系のサービスが充実していたほうが安心できます。

広告募集中